日本語教育

日本語教育

CECの日本語サポート指導

CECでは外国から来た子ども達が日本の学校や園で生活・学習できるよう、日本語指導を行っています。

現状、多くの学校が様々な理由により日本語指導を有償ボランティアという形で行っていますが、費用面でのメリットはある一方、様々な課題が懸念されています。外国からの編入がますます増加している近年、CECは様々な言語の指導員を効率的に配置し、効果的なサポートで数多くの子どもたちを指導してきました。

指導員を迅速に配置する人材力

登録ボランティアやボランティア団体の場合、緊急時に指導員の要請が来ても手配に時間がかかるか、手配ができない可能性があります。

CECでは、長年日本語講師養成講座(420時間)を実施し、プロの日本語講師を延べ400名以上養成してまいりました。
常時20ヵ国語以上・350名以上の講師が在籍しており、急な指導依頼や保護者会通訳のアテンドまで即座に対応することが可能です!

統一カリキュラムによる指導効果

登録ボランティアやボランティア団体の場合、授業の進め方やカリキュラムが講師任せとなり、授業内容にバラつきが生じてしまいます。その結果、学校や教育委員会等で授業効果が把握できていないことや、授業効果に個人差が生じてしまう事が問題視されています。

CECでは、すべての生徒に当社独自のレベルに合わせた統一カリキュラムを導入し、指導後には独自の効果測定を行う為、児童の国籍、また講師によって日本語習得度に差が生じることがなく、授業効果も測定することができます。

1967年の創業から
蓄積してきたのは
実績ノウハウ
そして信頼です。

質の高い日本語講師

CECでは、生徒の国籍に合わせ、母語の話せる日本語講師を採用しています。英語・中国語をはじめ、韓国語、フランス語、スペイン語、タガログ語、ネパール語、ミャンマー語、ベトナム語等20ヵ国語以上の言語に対応している講師が在籍しているので、全ての児童・園児に母語での指導が可能です。また、採用の際は指導者として熱意や責任感をしっかりと持っているかどうかに重点を置いています。

 

年に数回、日本語指導の専門家や大学講師による研修会を実施しております。
また3ヵ月に一度、当社に在籍する日本語指導主任講師による、最新のアクティビティやゲーム・オリジナル教材の指導方法についての研修を行っています。

 

日本語講師は必ず、研修の中で言葉のみではなく文化の違い(礼儀・あいさつ・マナー等)の指導方法も身に付けます。
また日々の子ども達の悩み相談等メンタルケアにも配慮を欠かさず、更に保護者会や生活指導の通訳にも対応できるよう、当社で研修を行っております。

人材の質が第一の
日本語講師育成に、
全力で取り組んでいます。

対応言語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • タイ語
  • ベトナム語
  • ミャンマー語
  • タガログ語
  • インドネシア語
  • ネパール語  …など

 

 

グラフィックス20 お気軽にお問い合わせください

体験レッスン、カウンセリングメールでお問合せ

立川校 042-527-2444
調布校 042-487-3623

TOPへ戻る